和の装い

昨今その美しさを見直され、人気を集めている和装での挙式。日本人として生まれ日本ならではの伝統衣装で門出の日を迎えたい、というのはごく自然なこと、和の装いでのウェディング。
白無垢とは…武家社会の流れを汲む婚礼のための正礼装。打掛から掛下(打掛の下に着る着物)、帯や小物に至るまで白で揃えたもの。汚れのない白は花嫁の無垢な純真さを表し「嫁ぎ先の色に染まる」という意味がある。角隠しか綿帽子をつけて神前挙式に着るのが一般的。写真は綿帽子。
白以外の打掛のこと。掛下のうえに色鮮やかなものを羽織ります。白無垢と同格の正礼装なので角隠しをつけて挙式で着用することもOKですが、挙式は白無垢で臨み、パーティや披露宴で色打掛に羽織ることが多いよう。最近はモダンな柄のものも多く、ヘアスタイルは洋髪で組み合わせる花嫁も多い。
振袖(本振袖)/引き振袖(お引きずり)とは..振袖は未婚の女性の第一礼装。翌日からミセスになる花嫁にとっては、振袖を着るのは結婚式が最後のチャンスとなります。また、裾を引きずるように着たものが引き振袖。お色直しで着ても素敵ですが、角隠しをつけて挙式、洋髪にチェンジして披露宴やパーティという風にアレンジしやすいのも人気の理由です。
和装…白無垢、色打掛、黒引き、紋付袴。古典的な柄からモダンな柄までいろいろな花嫁衣装を取り揃えております。お好み、季節にあわせてお好きな装い、柄をお選びください。